【8/8 REフォーラム 近況報告 要旨】

REフォーラム 近況報告 要旨(2017.8.8)
 
皆さん、こんばんは。
 
暑い日が続きます。私たちの会社にとって真夏はまさに、地獄のようだと指摘をされる方も居ます。
 
弊社では一部テレマーケィングもありますが、基本的には訪問によるダイレクトセールスです。その為、夏の暑さの中、スーツで動く私たちを見てそう感じらても仕方がありません。
 
でも、私の場合それは少し違います。私も毎日のようにその現場に出ますし、人一倍汗だくになります。今までは、汗だくになることが嫌いでしたが、今は全く苦痛になりません。
 
それは考え方を一つ変えた為です。
 
どう改めたかというとそれは「ダイエット」と「ワイルド」がキーワードです。「ワイルド」は、何年か前の流行語ですね。
 
私は、本年初めの健康診断から健康に非常に気を遣うようになりました。
 
ダイエットの為にウォーキングをしたり、ランニングをしようと思うのですが、仕事で帰りが遅くなるとなかなか長続きしません。
 
でも、これが仕事の一部となったら、毎日運動出来るのです。
 
例えば、坂の上のお客様のお宅に行く時も、坂の麓に車を停めて歩いて行く。出張の際も、出来るだけ公共交通機関を使って駅から歩く。
 
これだけで、毎日は続かなかったウォーキングが仕事の一環として出来ます。
 
そして、たくさんの汗をかくことで、何より運動している実感が持てるのです。
 
もう一つのキーワード「ワイルド」とは、この髭です。私は26歳で起業をしてからある悩みを抱えていました。
 
それは、自身の貫禄の無さです。まだ20代の頃、年齢のせいで足下を見られたこともあります。貫禄が無く、まとまらなかった商談も幾つもあります。
 
そこで、先日より少し髭を蓄えてみました。暑さの為か、みるみる伸びます。でも、色白での髭ではなかなか微妙です。
 
そこで、日々の仕事の中で、顔をこんがり焼こうと考えています。色黒に髭なら、OKの方も居るかもしれません。
 
日中の暑さを気にせず、太陽を浴び、それを日焼けの為と考えれば、最高気温が何度まで上昇しても全く気にはなりません。
 
「ダイエット」と「ワイルド」、ただ仕事するということでは苦痛になりそうなことも、今私は考え方を少し変えて、この夏の暑さを楽しんでいます。
 
くだらない前置きを続けてしまいました。
 
本題に入るとすれば、まず私は先月7月の反省をしなければなりません。
 
先々月の6月、私は個人としても月に53件の獲得をしました。まだまだやれると自分を奮い立たせる目的で、この場を借りて7月は60件の獲得が目標と申し上げました。
 
結果として、社員・パートナー様のお陰で会社としての件数は増えたのですが、私の獲得は40件に終わりました。
 
残念で反省すべき点は多々ありますが、終わったことを悔やんでも仕方がありません。
 
しかしながら、一つだけ成長したと思うのは、その開通率です。この業界では、建物の設備都合や配線の問題で、インターネットがひけないということもたまにあります。
 
それを失注に含めても、先月7月はおよそ90パーセントの開通率です。要は、獲得した殆どと申し上げて良い35件が、キャンセルにもならず、開通したのです。
 
そして、これまでの繰り返しになるのかもしれませんが、私たちは、数多ある他の通信会社と違います。
 
私は開通したその35件の殆どのお客様に対して、無料で訪問設定を行いました。
 
リアルタイムな話では、昨日も宮崎県のお客様で訪問設定に来て欲しいとのご依頼がありました。時間は夜9時です。
 
ほぼ日帰りで行って、私は今朝JRで帰って来て、本日の13時には鹿児島市谷山での設定をして、今この場に居るのです。
 
今、「〇〇ファースト」という言葉が流行語になっています。
 
東京都の小池知事は「都民ファーストの会」を設立し、都議会議員選挙で都民の信任を得て、都議会の第一会派となりました。
 
昨日は衆議院議員の若狭勝氏が「日本ファーストの会」を立ち上げました。
 
その流行になぞらえることが出来るのなら、私たちは、まさに「顧客ファーストの会」です。
 
私自身60件の目標のうち、40件しか獲得出来なかった。そう嘆くより、獲得したほぼ全てのお客様に喜んで貰えた。先月7月の結果を私はそう捉えています。
 
最初にお話しした「ダイエット」や「ワイルド」はさておき、この夏も、そしてこの夏が終わっても私たちは「顧客ファースト」という旗印を高く掲げ、結果を出し続けて参ります。
 
今後ともご指導のほど何卒宜しくお願い致します。

 

※これは、当日の発言を一部省略の上、要旨をまとめたものです。

 

【顧客ファーストで、選ばれる自信がある!】

光インターネット、Wi-Fiのことなら

ヒカサポ(光受付事務センター)

0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【「よみがえれ維新スピリット 鹿児島を支えるプロに学ぶ」講演 要旨】

2017年4月15(土) 鹿児島市黎明館

 

「鹿児島市内分区 青少年指導者養成研修会(RYLA)」「よみがえれ 維新スピリット 鹿児島を支えるプロに学ぶ 」

 

講演 要旨(6,630字)

 

「諦めなければ、人生は変えられる。」
第一章 誰にでも平等にチャンスがある起業のススメ
第二章 しくじり社長 俺みたいになるな!

 

 本日は、貴重なお時間を頂きまして、誠にありがとうございます。

 

 私は、26歳で縁もゆかりも無いこの鹿児島の地で創業致しました。言わば、皆さんと同じ年代の時です。
 
  そこで、本日はこの著名の方々の最後に、大変恐縮ではございますが、「諦めなければ、人生は変えられる」と題しまして30分間お時間を頂けたらと思います。

  

 高校の頃、私は全く勉強が出来ませんでした。ずっとクラス最下位でした。

 

 大学入試直前の大学の模試というものがあるのですが、私はその時に800点満点中、179点を取りました。

 

 それは、よくある4択のマークテスト。適当に全部同じ答えを書いても4分の1の200点は取れるので、それ以下の179点というのは周りからは笑われました。その時の偏差値は、27.1です。

 

 そこで、私は一念発起して、国立大学を目指しました。理由はたった一つです。「笑われるばかりだった人生を変えたかった」からです。

 

 センター試験を前に、死にもの狂いで勉強した私は偏差値27から地元の国立大学に入学しました。

 

 私がその時に思ったのは「どんな困難に見えるときでも、諦めない強い意志があれば、人生は変えられる。」ということです。 

 

 この言葉は私の人生の中の一つのスローガンのようになっていきます。そして、これを今回の講演のタイトルにもさせて頂きました。
 
 それから大学卒業後の2007年には、アミューズメント施設運営会社に就職をします。
 結局その会社は粉飾決算が発覚し、適正に会計処理をすると負債を200億円以上抱えていることになり、倒産をしたのです。
 
 それから、私は転職活動を行い、NHKに入局しました。ここでの仕事は、営業部というところで受信契約の締結と未納者からの集金です。

 

 そこで私は入局1ヶ月目から局内トップの業績をあげるようになりました。NHKでは1ヶ月に20件が目標としてあります。1日1件ペースの簡単な目標です。そこで私は毎月100件前後の獲得をしていました。それは他のスタッフの5倍です。

 

  「分け隔てのない」平等負担の原則、「災害時には命を救う」使命感、「公共放送を根底から支える。」誇り、そのような情熱を持ったお仕事でしたが、長くは続きませんでした。

 

 何故なら人より多く獲得している私は他のスタッフからの「僻み」や「妬み」それに「やっかみ」を受けるようになったからです。もしかすると、古くから所属しているスタッフは、新人の私が、その温度を上げるのを嫌がったのかもしれません。そこで、私はたった6ヶ月でその仕事を辞めました。

 

  その後、新聞の販売店や準大手通信会社の特約店を経験しました。新聞の販売店では、いくら販売しても、給与は月に10万円。2ヶ月で辞めました。通信の特約店では、50万円を超える給与の未払いで労働基準監督署に駆け込みました。6ヶ月で辞めました。

 

 その他にも職を転々とする困難な社会人生活の中で、26歳、言わば皆さんと同じ年代の私はあることを思い出していました。

 

 それは、あの偏差値27からの国立大学入試チャレンジを通して学んだ「諦めなければ、人生は変えられる。」ということです。

 

 「頑張った者が報われる。」、「努力した者が、額に汗を流した者が報われる。」そして、「働くことに夢や希望を抱くことの出来る。 」それが当たり前で真っ当な社会であるとすれば、私はそんな世の中を作りたいと心から思いました。

 

 そして、それは人に頼ることではありません。そんな会社を夢見て、就職して、現実を知る。そんな人生の繰り返しはもうまっぴらです。その理想の社会は、自分自身でつくらなければならないと思いました。

 

  そして、26歳の9月、世の中を変えたいという強い「確信」を持ち、そして成功しないと自分の人生は無いという強い「気概」を持ち、2011年 鹿児島の地にSKYworks(スカイワークス)という会社を設立しました。

 

 ここからは第二章です。

 

 私には、色々な失敗談があります。皆さんの前で負け顔をさらけ出すことにもなりますが、この準備した原稿をとうとうと読むのではなく、大きく趣向を変えていきます。

 

 先ほど中西アナウンサーが「間違いの無い人生」という講演をされました。言うなら私は「間違いだらけの人生」です。

 

 第二章は、私が創業してから実際に会社を経営する上での失敗談、「しくじり」を聞いて、私と同じ失敗を皆さんがしないよう、学んでいきましょう。

 

 先ほどのNHKのお話しの中で毎月トップセールスを上げながら、私は半年で辞めたと申し上げました。

 

 他のスタッフからの、僻みややっかみがあったと言いました。本当にそれが原因でもあります。しかし、それだけではありません。

 

 あれはまだ夏の日差しが強い9月の始めでした。私は汗だくになってお昼に宮崎市芳士の県営住宅を1巡して、ある程度の受信料を集金しました。

 

 夏の暑い日ですから、私は近くのスーパーマーケットで飲み物を買い、休憩をしていました。 すると、そこに不良の少年3人組が現れ、私が集金した受信料と、そのお釣りが入ったかばんを強奪をされたのです。

 

 放送受信料は言わば、公のお金、公金です。いっときして、その不良少年3人組は逮捕されたのですが、私は公金を一度でも手離してしまったことで、表面上は自主的にですが、言わば解雇されたのです。これは私が創業するたった1年前の25歳の話です。

 

 つまり私は

「脇が甘過ぎたまま 起業した しくじり社長」です。

 

「85.2%」

 

 若い皆さん、これは何の割合か分かりますか。

 

 これは、起業した会社が5年後に倒産をしている割合です。10年後になるとそれが「93.7%」になります。

 

 言わば、5年後10年後には、一つボタンをかけ間違えたほとんどの会社が消えているのが世の中の現状なのです。

 

 この数字を知った上で、今回、起業したら「絶対に成功する」ということを皆様に断言することは出来ません。

 

 そもそも、そんなことが断言出来ればこんな数字にならないし、私には皆様の人生のの責任を負えないからです。

 

 私が若い皆様にお伝えしたいのは、一番はこのことです。

 

「成功する意気込みより、絶対に失敗しない確実さが大事。」

 

 意気込みの“言葉”よりも大切なことがあるのは、皆さんもご存知だと思います。それは“行動”です。

 

 しかし、会社経営で大切なことは、行動することももちろん大事ですが、そこには「リスクを最大限除いた確実性」が必要なのです。

 

 ここで、私が創業からしくじったことを箇条書きにしてみます。

 

 一つ目、設定に行った際に、お客様に財布を盗まれる。
 二つ目、社員旅行の際に、全社員が積み立てた旅費を無くす。

 

 そして、私が創業からこの6年間で一番しくじったことが次の数字です。

 

「数千万円」

 

 数千万円。これは、何の数字でしょうか。

 

 これは、私がどんなに売りまくっても、入金がなされなかった金額です。

 

 裁判だって何回も何回もしました。恐らくこのメンバーの中では、弁護士の萩原先生の次に裁判をしています。

 

 けれど、裁判でも勝っても負けても結局は取り戻せなかった金額です。

 

 本来、このインターネットという通信業界は収支がマイナスになることはありません。何故なら、見えない物を売る以上、仕入れはゼロだからです。

 

 しかし、唯一、マイナスになることがあります。それは、どんなに売りまくっても上の取引先から入金が無い場合です。

 

 入金が無いのに、お客様にはキャッシュバックをします。下位の取引先に支払う紹介料や、社員に払う歩合もあります。

 

 その結果、私はこうなりました。

 

「無一文」

 

 何故、このようなことばかりが起こったのか、それはこの通信業界という狭い狭い世界で、私は周りからチヤホヤされて、天狗になっていたからだろうと、今振り返れば思います。

 

 次のページをご覧ください。

 

「狭い範囲で天狗に」

2013年 フレッツ光 販売コンテスト 鹿児島1位

そして、auひかり 獲得コンテスト 九州1位

 

 私は日本一過酷と言われるNHKでの営業で得た自信をもとに私は、通信商材の2大キャリアの販売賞を過去に複数回受賞しています。

 

 しかし、そう、これは非常に狭い範囲です。 まず、通信業界と言う狭い範囲の中。また鹿児島や九州で1位を取ったところで、何の意味があるのでしょうか。これで天狗なることは、今振り返ると、自分でも理解が出来ません。

 

 それなのに、私が天狗になったのは、周りのみんなにチヤホヤされたというのがあります。

 

 あるキャリアの本社内では、私は次のようなニックネームで呼ばれていました。

 

「営業の神様」

 

 そうやって表彰され、キャリアからチヤホヤさればされるほど、狭い範囲ですぐ天狗になった、私のもとにある会社からこんな勧誘がありました。

 

A社「澤野さん、1件当たり1,000円多く払います。」
B社「いや、2,000円、3,000円多く払います。」
「それなので、獲得したオーダーは当社に流してください。」

 

 1,000円から2,000円、2,000円から3,000円、私はその勧誘があるごとに少しでも高い方、高い方に取引先の上位会社を移していってしまったのです。

 

 たったの1,000円単位です。しかし、私の中では自分を認められたという嬉しさと、そして同じ仕事をする上で、1円でも単価が高い方が良いという考えもありました。
  
  キャリアからおりてくる契約1件あたりの単価にも限界もあるので、もしかするとその上位会社も無理をしていたのかもしれません。

 

 それこそが、このマイナスの始まりだったのです。理由は以下のようなことです。

 

A社「会社の事務所がレンタルオフィスで、気付いた時にはもぬけの殻だった。」
B社「最初から計画倒産させる目的だった。」
そして、「澤野さんの会社とは、契約をしていない。」とを言われたこともありました。

 

 それは、営業は人一倍出来るかもしれませんが、人一倍脇が甘い私を見たこの業界独特の悪質な上位会社の、詐欺まがいの行為だったのです。

 

 今思いだせば、このような危機を前もって注意してくれていた人が居たことも事実です。

 

 私が商流というオーダーの流し先を「1,000円」高い取引先に変更することを朝礼で発表した日、ある取締役の社員がこう言いました。

 

「澤野さん、“本当”に大丈夫ですか?」

 

 その時、私はこう言いました。

 

「うるせぇ。」

 

 要は、私は脇が甘過ぎる上に、簡単に人を信用します。そしてまた、最終的には、素直に人の助言・アドバイスを聞かない意地っ張りが加わったから致命的なのです。

 

 当時、その窮状について相談をさせて頂いた弁護士は、私にこう言いました。

 

「会社経営は、準備をし、根回しをしたうえで慎重に動かないといけない。
あなたは、いつもそれをすっ飛ばす。そして、簡単に人を信用する。隙の多い社長に全責任がある。」

 

 その時、私は、こう思いました。次のページです。

 

「うるせぇ!」
 
 そう、今、振り返るとその言葉通りです。

 

 以前の私は、そのことが分からず、若さに任せて単身でどこにでも飛び込み、誰とでも会っていました。このような悪質な詐欺行為に引っかかっても、仕方がありません。

 

 「失敗」や「脇が甘い」「素直でない」等という一言では片付けられませんが、私は創業して、そうそうに全財産を失った男なのです。

 

 今までは、狭い世界で「神様」とまで持ち上げられ、見栄を張り、意地を張って「結果が全て」と、人の話を全く聞かず、突き進んだ私は、無一文になって考えたことがあります。

 

 それは、このことです。

 

「それでも、諦めなければ、人生は変えられる。」

 

 母子家庭に生まれて貧しく育った幼少期。

 全く勉強できなかった中学時代。

 偏差値27から国立大学にチャレンジした高校時代。

 単位が取れず4年生なのに1年生と一緒に講義を受けた大学時代。

 転職を繰り返した社会人生活。

 受信料を強奪されて、解雇された「天職」NHK。

 

 これまで辛いことはたくさんありました。私には、色々な「壁」が立ちはだかりました。色々な「逆境」がありました。色々な「挫折」が、色々な「困難」が「苦難」が「苦境」がありました。

 

 「こんなことは、たくさんあったよね。でも、その度に乗り越えてきたよね。そして、強くたくましくなったね。」

 

 社員もみんな失い一人になった私は、自分自身にそう言い聞かせました。

 

 そして、「失うものはもう何もないだろう。」そう思い返したとき、私は何も怖くなくなりました。

 

 そして、ある「気概」を持ちました。

 

「必ずもう一度やり直す。」

 

 私はある日、1日にして全財産がゼロになりました。しかしながら、もう一度立ち上がり、再チャレンジし、もう一度人生を変えたいと思いました。

 

 失ったお金も、失った社員も、失った信用も、自信も私は全て取り戻そうと思いました。

 そして、私は今まで以上にお仕事を頑張りました。

 

 今まで見栄を張りたいが為、女性にもてたい為、楽したい為、お金儲けしたい為に、頑張っていた今までの私とは全く違います。

 

 見栄も意地も、恥も外聞も全てかなぐり捨てて
「やっぱり、私はこの通信業界で生きていくしか道が無い。」

とお仕事に没頭した私は少しずつですが、本当に少しずつ、コツコツと失ったものを取り戻すことが出来ました。お金も人も、信用も少しずつですが、取り戻していきました。

 

 そして、2015年の冬 私は今まで完全に失っていた自信さえも取り戻すことが出来たのです。

 

2015年12月 ソフトバンク光 販売コンテスト 全国2位受賞

 

 契約数わずか7件差で、残念ながら、全国1位ではありませんでした。

 

 しかし、鹿児島や九州1位で、すぐ天狗になっていた表彰より多くの意味があります。

 

 正直なところ少し、悔しいです。全国の1,000人近くの販売員の中で、わずか7件差での2位です。あの時、あと日、1日休んでいなかったら、あの時、あと1件訪問していたらと考えることもあります。

 

 しかし、この全国2位は、私にある夢を与えてくれました。

 それは、次の壮大な夢です。

 

「3年以内に業界No.1」

 

 これだけの失敗をして、業界No.1を目指す。もう笑う人も多いでしょう。呆れている人がいっぱい居るのも、私はよく知っています。

 

 しかし、私はこれまでの失敗を、これまでの挫折を、苦難を糧にすることが出来ますし、そしてもう脇が甘いあの時の私ではありません。

 

 描いている「夢」は大変大きなチャレンジです。困難な挑戦なのかもしれません。しかし、『業界No.1の努力をすることで、将来必ず業界No.1になれる』私は、本気でそう考えています。 

 

 幣社が取り扱うインターネットは無限の可能性を持っています。

 

 私たちはインターネットの取次や設定だけに依存することなく、通信サービスと弊社の可能性を探し、そこに飛び込んでいきます。
 
 勿論、まだ見ぬ可能性に飛び込んで行くことは、難しいことなのかもしれません。怖いことも困難なこともあるかもしれません。
 
 しかし、この業界に翻弄され、もう同じ失敗をしないと心に強く決め、しっかりと脇を締め、素直になった私は、その目標に向かって、更にもう一歩が勇気をもって踏み出せると自分に言い聞かせております。

 

  ここで皆様にまとめの一句を贈ります。

 

「うるせぇと 思わず素直に なりましょう。人生は何回でも 再チャレンジ!」

 

 若い皆さん、皆さんも社長や上司、親御さんに「うるせぇ」と思ってはいませんか。まずは負け顔をさらけ出し、素直に経営の先輩方の意見を聞いてみるのが、起業した時もそう、人生においても失敗しないコツです。私は、今つくづくそう感じています。

 

 そして、人生には、誰にでもチャンスが平等にあります。女性も男性も関係ありません。お年寄りも若者も、年齢も関係ありません。これまで「負け組」の“烙印”を押された人も、失敗を経験した人も、成功を続ける人にも平等にチャンスがあります。

 

 しかし、そのチャンスを活かすかどうかは、その人の行動に掛かっています。最後にもう一度だけ言います。「諦めなければ、人生は変えられる。」私は、その言葉を胸にどんな困難に遭遇しようとも、自らの未来を、自らの手で切り拓きました。業界No.1になる為にこれからも努力を続けてまいります。

 

 私の話を最後まで聞いてくれた人が居るとすれば、目標を高く持つ方かもしれません。ひょっとすると今、起業を考えている人もいるのかもしれません。失敗を繰り返し、大きな「壁」にぶつかっている人も居るのかもしれません。

 

 同じ志を持つ仲間に、そして様々な失敗をし、それを学び、「壁」に立ち向かい、打ち破る者として、簡単ですが、最後にこの言葉を送ります。

 

どんな困難があっても
「やれば、出来る!諦めるな!」

 

 若い皆さんも諦めることなく、目の前の大きな「壁」に立ち向かって行こうではありませんか!!

 

 私もやります!!

 

 もし、3年後またどこかで、皆様にお会い出来ることがありましたら、その時は「これまで失ったものは全て取り戻し、そして業績は業界No.1になっている私が居ること」このことを、ここに皆様の前で力強く宣言して、私の講演を終了したいと思います。

 

 本日は、誠にご清聴ありがとうございます。

 

 ※これは当日の原稿を一部省略し、要旨をまとめたものです。

 

【パソコン設定から、講演の依頼までお問合せは】
光インターネット、Wi-Fiのことなら
ヒカサポ(光受付事務センター)
0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【弊社代表 講演のお知らせ4/15(土)鹿児島市 黎明館】

来る4/15(日)「鹿児島市内分区 青少年指導者養成研修会(RYLA)」にて「よみがえれ 維新スピリット 鹿児島を支えるプロに学ぶ 」とのことで
若き指導者および善良な市民として、地域社会かつ職場においてリーダーシップを発揮することを目的に弊社代表の澤野が講演致します。(18~30歳の若者対象、定員245名)

 

講演者は、その他に
KKB鹿児島放送 アナウンサー 中西さん
KYT鹿児島読売テレビ アナウンサー 山下さん
2015年職業奉仕受賞者 田中宝飾 田中さん
鹿児島サンロイヤルホテル 料理長 加藤さん
鹿児島ターミナルビル 代表取締役 日高さん
Blue Camel 代表 ソムリエ 宮原さん

です。

 

そこでは同じ志の若者を応援する観点から、起業した経緯や、その際の失敗談等をお話しする予定となっております。

 

参加費無料です。宜しくお願い致します。

 

【成功するより、絶対に失敗しない経営を目指す】
光インターネット、Wi-Fiのことなら
ヒカサポ(光受付事務センター)
0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【新生活を始められる皆様、おめでとうございます。】

新生活を始められる皆様、おめでとうございます。

 

お仕事の合間に、某家電店に行ってきました。

写真は、「無線ルーター」のコーナーです。

 

在庫ほぼゼロです。また他の店舗でも同様だそうです。

 

やはり新生活を始めると同時にインターネット(Wi-Fi)も始められる方の多さを実感しました。

 

尚、弊社の運営するヒカサポ(光受付事務センター)では、4月にご相談頂いた方には「無線ルーター」を【無料進呈(通常:4,800円)】しています。新生活シーズンに向けて準備していましたので、まだまだたくさんの在庫がございます。

 

また難しい無線ルーターの設定も、離島を除き九州・沖縄は、弊社の担当者が訪問して設定するので安心ですよ!【こちらも、キャンペーン期間中は無料。】(通常:出張費+設定料9,500円)

 

インターネットのお手続きがまだの方、無線ルーターが手に入らない方、どしどしご連絡お待ちしています♪

 

【4月は(新生活応援)無線ルーター プレゼント中!】
光インターネット、Wi-Fiのことなら
ヒカサポ(光受付事務センター)
0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

「GUYZ」内『達成するぞ!カゴシマンドリーム 俺の起業力』特集で取り上げられました。

“大人の男”の鹿児島フリーマガジン「GUYZ」表紙及び2面の『達成するぞ!カゴシマンドリーム 俺の起業力』で取り上げられました。

 

3月28日発行(地域によって前後する)で、マルヤガーデンズやイオンモール鹿児島(フードコート)等の200店以上の店舗に設置され、無料でGetできます。

(当該記事や設置店等はGUYZ 公式サイト http://guyz.jp/

 

宜しければ、Getしてご覧ください。

 

【(新規)基本料金3ヶ月無料キャンペーン中!】

光インターネット、Wi-Fiのことなら

ヒカサポ(光受付事務センター)0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【企業方針解説(1)お客様に合わせた最も高品質で、なおかつ最も安価の最適なプランをご案内します!】

2017年 当社の企業方針(お客様と4つの約束)を解説致します。


まず第一の【お客様に合わせた最も高品質で、なおかつ最も安価の最適なプランをご案内します!】です。

 

当社では20キャリア以上の通信商材を取り扱っております。

 

そのメリットを最大限活かし、お客様に合わせた「最も高品質」で「最も安い」“最適”なプランをご案内致します。

 

光回線サービス開始から15年以上が経ち、この国は世界で最もインターネット回線の整備が進んでいる国の一つです。

 

その為、「光」等の高品質な回線を安価で利用することが出来ます。

 

一昨年からスタートした「光」網の卸にともない、各キャリアが展開するセット割(例;携帯電話1台あたり最大2,000円割引等)や、弊社独自サービス(業界最安値 WING NET光:集合住宅3,300円、戸建4,300円)等、お客様へ最大限のメリットとなる最適なアドバイスをさせて頂きます。

 

「ずっと使うものだからこそ、より“最適”なものを」インターネットのことなら、スカイワークスまで是非ご用命ください。

 

【新生活を応援します!】

光インターネット、Wi-Fiのことなら
ヒカサポ(光受付事務センター)
0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【東日本大震災の日から6年を迎えました。】

3月11日(土)東日本大震災の日から6年を迎えました。まもなく7回目の春です。

 

この日、殆ど住宅が津波に流された宮城県名取市閖上地区等に足を運び、また多賀城市の犠牲者慰霊祭や万灯会に出席し、鎮魂と復興への祈りを捧げました。

 

多くの犠牲の下に得られた貴重な教訓を、決して風化させてはいけないと強く感じました。

 

遠く離れた鹿児島からではありますが、これからも機会ある度に東北地方に足を運び、この教訓を決して忘れることないようにし、そして復興への歩みを伝えていきたいと考えています。

0 コメント

【2017年 企業方針の発表 (お客様と4つの約束をします)。】

本日は、第193通常国会が召集され、総理大臣の施政方針演説などが行われました。

 

また世界に目を向けると米国では、トランプ氏の新大統領就任式が行われ、世界中にその決意を発表します。

 

そこで、弊社としても遅くなりましたが、本年の企業方針をここに発表したいと思います。

 

2017年 企業方針
(お客様と4つの約束をします。)
1、【お客様に合わせた最も高品質で、なおかつ最も安価の最適なプランをご案内します!】

 

2、【万全のアフターフォロー!九州全域の全てのお客様に訪問設定まで無料で行います。】

 

3、【他社から乗換えでも、安心!解約金を全額キャッシュバックし、またキャッシュバックの受取り率を100%にします。】

 

4、【新規にお申込みをするお客様には、初期費用+基本料金が3ヶ月間無料となる独自施策を実施し、インターネットやお電話を気軽に始められるようにします!】

それぞれの詳細については、順番にアップして参ります。

 

【お客様と4つの約束】

光インターネット、Wi-Fiのことなら
ヒカサポ(光受付事務センター)
0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【万全のアフターフォロー!「無料」訪問設定の為、長崎県に向かいます。】

皆さん、こんにちは。

株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)の澤野正幸です。

 

昨日は新年会が2つ重なりました。(ソーホーかごしま、フレッシュ脇田会)参加された皆さん、楽しい時間をありがとうございます。

 

久しぶりに夜遅くまでお酒を飲んだのですが、本日、午前中に鹿児島市坂之上のお客様のパソコン設定を行って、私は今、熊本港からフェリーで長崎県に向かっています。

 

長崎市のお客様は、モバイルルーターをお使いでした。しかし、使う度に電源を入れないといけなかったり、何より電波が悪くストレスを感じていたそうです。

 

弊社の担当者は、光回線+Wi-Fiをご提案致しました。光回線の速度は最大1Gbps(1,000MGbps)ですので、確実に速度が速くなりますし、お部屋中ずっとWi-Fiが飛んでいる状態にすることが出来ます。

 

弊社は取次をさせて頂いたお客様、その全てにアフターフォローを「無料訪問」でサポートさせて頂いております。

何故なら無線ルーターが絡む無線(Wi-Fi)設定等は、お客様では多少難しい場合があるからです。

 

正直に申し上げますと、「無料」で1件の設定の為だけに高速道路を使い、フェリーに乗り、他の県に行くと経費も取れなかったり、何をしているのか分からないこともあります。

 

しかし、弊社ではお客様が喜んで頂ければそれで良いと考えるのです。設定が終わって、お客様が喜ばれる瞬間を見ることが、私たちのお仕事のゴールであります。

 

私たちは、取りっぱなしは致しません。九州全域「無料」アフターフォロー対応の株式会社SKYworksをどうぞ宜しくお願い致します。

 

【携帯電話の速度制限でお困りの方】

お部屋のWi-Fiのことなら、九州全域設定対応の
ヒカサポ(光受付事務センター)
0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【新規開業する学校様に、Wi-Fiや複合機等を設置させて頂きました。】

皆さん、こんにちは。

 

株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)の澤野正幸です。

 

私は、こう見えて(?)大学は宮崎県内の教育学部を卒業しました。そこでは、高校の公民を教えることが出来るよう社会システムを学びました。

 

大学の卒業から約10年が経ったそんなある日、私に1本のお電話がありました。

それは「この春に、通信制の学校を開業したい。」という大学の先輩からのお電話でした。

 

ご希望を丁寧にヒアリングさせて頂き、多くの生徒様が利用できるようにWi-Fiを設置し(建物の大きさの関係で中継機も設置しました。)、教職員様用にビジネスフォン5台と、授業プリント等を印刷する複合機を設置させて頂きました。

 

建物の大きさや生徒様の人数による適正なプランのご提案、そして開業の初期費用を少しでも抑える複合機やビジネスフォンのご提案、またそれの設置やインターネットの設定で何度か宮崎の現場に足を運びました。

 

時には、仕事そっちのけで大学の時によく行っていた定食屋(竜宮)で、たわいもない近況報告を語り合ったこともあります。

 

何かとても懐かしく、若いパワー!を持っていたあの頃の気持ちを思い出しました。

 

私自身は夢破れた教職の道ですが、同じ校舎で学んだ多くの方が今も第一線で活躍しています。

 

私が今後、教職員になる可能性は少ないかもしれませんが、私は現在の生業である「通信」という科目で、多くのお客様に分かりやすい説明をしていきたいと考えます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

【新規開業】

固定電話や複合機、ビジネスフォンのことなら、九州全域設定対応の
ヒカサポ(光受付事務センター)
0120-99-5815

運営:株式会社SKYworks(スカイワークス 鹿児島)

0 コメント

【2017年 新年のご挨拶】

新年明けましておめでとうございます。

株式会社SKYworksの澤野 正幸です。

 

2017年の新しい年の始まりに際し、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 

弊社は創業から今回で6回目の新年を迎えました。

 

これもひとえに、弊社に関係するたくさんの皆様方のご支援のお陰です。感謝の気持ちを常に抱いて、私たちはこれからも謙虚に、業務に邁進して参ります。

 

2017年、今年の弊社のスローガンは「確実に、結果を出す。」です。

 

弊社では、昨年中に何名かの社員が退職をし、人員の面でも大きな変化がございました。

昨年、私が我が身をもって実感したのは、私には社員を育てる指導力、社員を引っ張るリーダーシップが不足しているということです。

 

しかしながら、弊社が昨年入居した鹿児島市役所みなと大通り別館「ソーホーかごしま」内には少人数でも結果を出し続けている会社がたくさんあり、相談に乗ってくれる若き経営者も居ます。この「出会い」が、この逆境に立ち向かい、「再チャレンジ」する勇気を与えてくれました。

また多方面のパートナー様、取引先様の多くのご支援もありました。

 

そこに感謝の気持ちを忘れてはいけません。そして、それに報いる為にも、弊社では欲張らず、一歩一歩、確実に、コツコツと結果を出すことを本年の目標に定めました。

 

スマートフォン等のモバイル端末の普及に伴い、世帯のWi-Fi環境が当たり前の今の時代。私たちの仕事には、一定のニーズがあると考えております。

 

そして、何より、これまで通信業界で生きてきた私は、この道しかありません。

 

皆様方におかれましては、本年も変わらぬご愛顧を賜りますように、また何より本年が素晴らしい1年になりますようお願い致しまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。

 

株式会社SKYworks
代表取締役 澤野 正幸

0 コメント