【東日本大震災の日から6年を迎えました。】

3月11日(土)東日本大震災の日から6年を迎えました。まもなく7回目の春です。

 

この日、殆ど住宅が津波に流された宮城県名取市閖上地区等に足を運び、また多賀城市の犠牲者慰霊祭や万灯会に出席し、鎮魂と復興への祈りを捧げました。

 

多くの犠牲の下に得られた貴重な教訓を、決して風化させてはいけないと強く感じました。

 

遠く離れた鹿児島からではありますが、これからも機会ある度に東北地方に足を運び、この教訓を決して忘れることないようにし、そして復興への歩みを伝えていきたいと考えています。